最新のスーツ

ビル

同僚と主婦のスーツに対する認識の違い。

スーツというといくらくらいのものをみんな着ているのだろうと思ったことがあります。
うちの旦那はいつも百貨店でそれなりの価格のものを社員割引などで、お得に買ってきてくれます。
なので割といつもいいものを着ています。
しかし、実際着るのは通勤の時だけです。
いいものを買えばそれだけ長持ちするので、それはそれでいいかなと思います。
でも、いくら長持ちしても中年男性は体系の変化が著しいのが悩みですよね。
買ったばかりのものがワンシーズンで着られなくなってしまったときなどは、とてもショックです。
なので、安いのでいいんじゃないかなって思ってしまう時もあります。
わが家にはすでにお腹が入らないけど、捨てるに捨てられないスーツが実は山ほどあるのです。
いいものを買うなら体系維持を頑張ってほしいし、体系維持ができないなら安いので諦めてくれと思うのが主婦の感覚ですよね。
実際外で働いてみるとやっぱりそれなりのスーツを着ている人って仕事が出来そうに見えるし、かっこいいのも事実です。
主婦の立場での意見と一緒に働く人の意見もちがうものですね。

当社のサービス一覧

同僚と主婦のスーツに対する認識の違い。

イージーオーダーというスーツ購入方法

スーツをオーダーメイドでつくろう

30代のスーツはシャドー柄で控えめな知性を表現