最新のスーツ

ビル

30代のスーツはシャドー柄で控えめな知性を表現

30代では誠実さと信頼感をテーマにしたスーツスタイルがビジネスシーンでは求められます。
大人の仲間入りを果たすこの世代では慌てて貫禄を出そうとするよりも、まずはフレッシャーズ感を脱するところから始めます。
無地やクリアな梳毛生地を選ぶときにはシャドー柄や織りでさりげなく表情を高めたものを選べば魅力的です。
幅広いラペルでクラッシックなムードを出しつつ、高めのコー位置にしてシャドー調のストライプがスーツにほのかな色気を出してくれます。
その分、タイは色味を抑えてチーフも基本の白で正統派なイメージをつくりあげていくことが大事です。
シャドー調の柄は地色に溶け込んで控えめな表現ですから知的にみせつつも、交渉の場ではしっかりと主張できる大人の男を演出してくれます。
そして、軽快で細身なシルエットながらも全体のバランスがシックなのが同系色のチェックを配したチャーコルグレーのスーツです。
チェック柄でも白シャツに白タイなら誠実にみせることができます。

当社のサービス一覧

同僚と主婦のスーツに対する認識の違い。

イージーオーダーというスーツ購入方法

スーツをオーダーメイドでつくろう

30代のスーツはシャドー柄で控えめな知性を表現